グレースデンタルクリニック スタッフブログ

グレースデンタルクリニックのスタッフブログです。

それから

横浜分院川村です。
前回の投稿から約10日。
毎日少しずつ描き進めています。
本当は一気に描きたいところなのですが
こう見えても結構毎日忙しく
描く時間をたっぷり確保するのは困難なんです。
グリザイユ画法といって、まずは白黒の濃淡で描いていき
あとで彩色していく技法です。
まだまだ下描きの下描きといった段階ですが、少し楽しくなってきました。


6996903.jpg




スポンサーサイト

こんにちは。だんだんと温かくなってきました。

御存じかもしれませんが、65歳以上の主要な死因に肺炎があります。そのなかでも歯科に関係のあるものに誤嚥性肺炎があります。誤嚥性肺炎の発症リスクに関してご説明します。歯の本数が10本以上で4㎜以上の歯周ポケット(歯周病の進行をあらわすものです、4㎜以上は中程度の歯周病進行になります)を有する患者は、非歯周病患者と比較して3.9倍といわれています。また、就寝時に義歯(入れ歯)を装着している高齢者の発症リスクは、装着していないかたの2倍になるといわれています(参照Oral Hygiene Reduces the Mortality from Aspiration Pneumonia in Frail Elders)

つまり、お口の衛生環境が誤嚥性肺炎の発症に大きく関係しているのは間違いなさそうです。定期的な歯科でのクリーニングは、歯を守るだけではなく、命にかかわる予防になります。

湘南分院ドクター 蒲池

3月…雛祭り、春分の日といよいよ春!といった感じでしょうか。
今年の冬は如何でした?確かに寒い日は有りましたが、比較的暖かでしたでしょうか。とは言っても、朝の部屋の寒さ、水道の水の冷たさは格別でした。2月24日の夜、チラッと雪が降ったのはご存知でしょうか?なごり雪でしょうか…

グレースデンタルクリニック多摩分院 酒匂でした。


チョコレートを食べた後は歯を磨きましょう!

皆さんこんにちは。
グレースデンタルクリニック城東分院の高橋です。

2月14日はバレンタインデーでしたが、皆さんは如何お過ごしでしたでしょうか。
私は家族やスタッフからクッキーやチョコレートをもらいましたので、いくつか紹介したいと思います。

写真(H29年2月_1)

写真(H29年2月_2)


ひとつは妻と娘が手作りしてくれたクッキーです。ハート形のアクセサリーやラッピングも綺麗で、とても嬉しかったです。もう一方はスタッフから頂いた入れ歯型のチョコレートです。食べるのがもったいない程のクオリティで、本当に感謝しております。


さて、皆さんの中には、歯周病や虫歯で歯を抜いた部分に入れ歯を入れている方がいらっしゃると思います。
入れ歯はご自身の歯とは異なり、咬む力や咬み心地に違和感があったり、食べ物が入れ歯の間に挟まったりすることがあります。特にゴマやピーナッツなどは、入れ歯の間に欠片が挟まって痛みが出るという話を良く耳に致します。

近年、入れ歯安定剤の効果を謳ったコマーシャルを目にする機会が多くなったように思います。その中では、安定剤を使用することによって、固いお肉やゴマなどの細々したものを不自由なく食べられるようになると宣伝されています。

入れ歯の安定剤にはたくさんの種類がありますが、粘着タイプと密着タイプの2種類に大別されます。この中で、密着タイプに分類されるものは、べた付かずに取り扱いが容易で好まれる傾向がありますが、長期の使用で咬み合わせが変化したり、急速な顎の骨の吸収などが起こる可能性があるため、注意が必要です。

このように、入れ歯が合わなくなったからと言って安易に入れ歯安定剤を使用すると、一時的には入れ歯の安定に改善が見られても、将来的には入れ歯や顎の骨に悪影響を及ぼす場合があります。したがって、痛みや咬みにくいなど入れ歯の不具合があった場合には、一度当クリニックにご来院頂き、ご相談頂ければと思います。




光陰矢の如し

早いもので2017年も、もう2ヶ月が過ぎようとしています。
個人的なことになりますが、
今年の6月にあざみ野アートフォーラムで予定されている
油彩画展への出品が控えておりまして、
まだまだ先とタカをくくっていたのですが
ちょっと焦ってきました。
というわけで、やっと重い腰を上げ描き始めた次第です。


6996901.jpg





 | ホーム |  »