FC2ブログ

グレースデンタルクリニック スタッフブログ

グレースデンタルクリニックのスタッフブログです。

みなさんこんにちは、グレースデンタルクリニック千葉分院の小川です。

最近暖かい日が増えましたね。
私もよく喉が乾くようになり、飲み物を飲むのですが、つい暑かったり疲れてたりするとジュースや炭酸飲料などを多く飲んでしまいます。訪問診療の移動中もついコンビニでお菓子を買ったり
皆様はいかがでしょうか。


甘い物を多く食べれば虫歯になる、これは簡単にイメージできますよね。

歯磨きはある程度はしている。これを前提とすれば、
「食べる回数が何となくダラダラ、これが毎日、、、」
というのが最も危険です。

食べ物を食べたり、甘い物を飲む、という回数が多いと、その都度ブラッシングというのも難しいですよね。
唾液の自浄作用を上回りプラークがついたり、汚れが停滞する確率が高くなり、結果として虫歯や歯周炎になりやすくなります。

歯科が発達する遥か以前から「3時のおやつ」という表現がありますね。
昔の人は経験的に、そのようなことを認識していたのでしょうか、、、?

なるべく間食は決まった時間にだけ、を心がけましょう!


スポンサーサイト



こんにちは。グレースデンタルクリニック千葉分院の小川です。

ようやく暖かくなり春らしくなってきました。
桜が開花したとのことですが、家の近くはまだです。お花見が楽しみですね。
ただ、花粉症の方にとっては辛い時期でもありますね。
最近はお子さんも花粉症の方が多いらしく、メガネとマスクで幼稚園に行っている子も見られます。

この時代、減感作療法や食べる花粉成分の入った薬が保険適用になるなど、医療も日々進歩しています。誰にとっても春が楽しい季節になる日は近いのかもしれません...

花粉症、つまり花粉アレルギー。
アレルギーには花粉以外にも様々なものがありますが、歯科でちょっと気になるのは、金属アレルギーです。

ある程度の大きさの虫歯の治療をするときに、修復材料に金属を使うことがあります。
一般の方はそれで問題なく治療を終えるのですが、金属アレルギーのある方はちょっと注意です。

原因不明の皮膚トラブルが、実はお口の中にある金属だった、なんてことも。その場合は、それを取り除き金属以外の材質に置き換える必要も出てきます。

アレルギーがある方でこれから歯を治すという方は、金属アレルギーがあることを先生やスタッフの方に伝えることも大切です。

どうぞお気軽にご相談ください。

こんにちは、千葉分院の小川です。

秋になり、だんだん肌寒くなってきましたね。
そろそろ風邪が流行りだす頃、皆様もお気をつけください。

ちなみに数年前に家族全員のインフルエンザで大変な目にあった私は、毎年欠かさず予防接種をしています。
今年のワクチンはちょっと値上がりしましたが、どちらの型にも効くようだということですね。

さて私事ですが、この間初めて家族写真を撮ってきました。
スタッフの方々はさすがプロ!子供達の扱いにも慣れたもので、楽しく撮影して頂きました。
撮影中ふと気付いたのが、スタッフの方々の歯がとてもきれいだったこと。
写真という形に残るものに携わるお仕事だから、皆さん気をつかっているのかなぁと。
今はビデオやデジカメ、スマートフォンなど、昔よりもずっとキレイに多くの映像を残せる時代になっています。

楽しく、思いっきり口を開けて笑った写真なんてステキですね。

もしも歯が痛かったり、前歯に大きな虫歯があるから…とムッツリした顔の写真ばかりだったらもったいない。
きれいに治して楽しい思い出をいっぱいつくって頂けたらいいなと思っています。

ご友人の結婚式や就職活動、家族写真を撮る時など、もちろん定期的な歯のクリーニングも保険治療でやっておりますので、どうぞご相談ください。

こんにちは。グレースデンタルクリニック千葉分院の小川です。

最近急に涼しくなってきましたね。
学生の皆さんはあらたな二学期、ウチの子供も夏休み明けの幼稚園に泣く泣く行っております^^;


さて、夏休み中たくさん遊び、たくさん食べたお子さんたち。
歯医者さんへの検診には行ってみましたでしょうか?

親御さんから、仕上げ磨きはいつまでやればいいですか?とよく聞かれますが、小学校のうちはぜひともやっていただきたいと思います。

磨き残しが多い子の場合は中学校でも・・というのが理想ですが、大体は小学校中高学年になってくると、磨かせてもらえないですよね。

しかし親はかわいいわが子を虫歯にはしたくない。
そんな時どうすればいいのか。

お勧めしたいのは「染め出し」です。
小学校のときに口の中のプラーク(歯垢)を赤く染め出すアレです。

たまに自分の子供がどのくらい磨けているかをチェックできればという目的なので、月に2回ほど。


やり方はちょっとコツがあって、

1・ 最初に子供に歯磨きをさせる。(いつもやっているように)
2・ その次に赤く染め出しをする。
3・ ゆすいで鏡を見る。


そうすると、その子の苦手な部分がすぐわかります。
苦手な部分=虫歯になりやすい部分と考えてください。
大抵の方は歯と歯の間、歯茎の近く、奥歯の溝です。

痛みもないですし、大人の方にもおすすめなので、ぜひ、親子でトライしてみてください。

ちなみに染め出し液は、歯科医院や薬局に売っていますよ^^
うまくいくと赤く染め出された歯垢の場所が、大人になるにつれて減っていくはずです。

そして、歯ブラシで全部の汚れを取るのがいかに難しいかがわかると思います。
大人でも相当難しいですよ。


そこで、歯医者さんの出番です。

虫歯チェックをし、苦手な部分を上手に、楽に磨く方法を伝えたり、歯を虫歯になりにくくするフッ素をつけたりします。
3ヶ月くらいおきにいらしていただくことをお勧めします。

当医院でも、歯ブラシ指導やフッ素塗布などできますので、検診とあわせてご来院ください。
プロの歯ブラシ指導のス タッフがおりますので^^

こんにちは。
グレースデンタルクリニック千葉分院の小川です。

梅雨真っ盛りですね。毎日蒸し暑かったり、かと思えばじめじめして肌寒かったり。
気候が変わりやすいと、体調を崩しやすいので、皆さんお気をつけてくださいね。

体調を崩すと歯茎の痛みや歯の痛みを訴えられる方がいらっしゃいます。
「いつもはなんともないのに、疲れると痛みが出てくる・・・」

普段なんともなくても、ゆっくりと痛みをあまり感じなく進行していくのが歯周病です。
もちろん虫歯も、なんとなく痛いな~でほおって置くと、悪化して治療が長引いてしまうことがあります。

体調がもどって元気になると、痛みも引くので、わかりにくいのですが、虫歯も歯茎も早めに発見、治療することで、
良好なお口の中を保つことができます!

もちろん、早めに発見すると治療も短期間で終わる、痛みも少ないといったメリットもあります。

なかなか治療に足が向かない理由としては、「歯医者さんは怖いな・・行くのが面倒だな・・」が最も多い理由かと思います。

実際、私も学生時代はそうでした。
(詳しくはhttp://www.gracedc-chiba.com/staff.phpをご覧ください。私の実体験が書いてあります^^;)

なので、辛かった治療記憶があるからこそ!(苦笑)
皆さんにはできるだけ負担を少なく、リラックスして治療を受けて頂けるよう日々頑張っております。


体調を崩すと痛みが出る・・そんな時はぜひ当医院にご相談ください。


 | ホーム |  »

プロフィール

グレースデンタル

Author:グレースデンタル
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR