FC2ブログ

グレースデンタルクリニック スタッフブログ

グレースデンタルクリニックのスタッフブログです。

フッ素塗布に関して

皆さんこんにちは。
グレースデンタルクリニック城東分院の高橋です。

クリニックの斜め向かいには商売繁盛や開運を願う熊手御守で有名な、鷲神社(おおとりじんじゃ)があり、先月は酉の市でたくさんの人で賑わっておりました。
今月も皆さんクリスマスや年末年始の準備があり、忙しい時期だと存じますが如何お過ごしでしょうか。

さて、クリニックには大人の方だけでなく、お子様の受診も多くみられます。
そこで今回は保護者の方から質問が多い、フッ素についてお話したいと思います。
しかしながら、フッ素に関しては歯科医によって意見が違う場合も多いので、私の意見としてお聞きください。

(1)フッ素塗布を始める時期
歯が萌出してからすぐ。

(2)フッ素塗布のやり方
5歳までは、市販のフッ化物入り歯磨剤(500ppm)を歯ブラシの先に5mm以下程度付けて磨く。
6~14歳までは、フッ化物入り歯磨剤(1000ppm)を歯ブラシの先に1cm程度付けて磨く。
3~4か月に一回は歯科医院にてフッ素塗布(10000ppm)を行う。

写真20131209

実際にどういった歯ブラシや歯磨剤を使えば良いかなどの詳細は直接クリニックにお問い合わせください。
皆さんも正しいフッ化物の利用法を理解して、安全かつ効果的に虫歯予防に努めましょう。
スポンサーサイト



患者様の差し入れ。ありがとうございます!

こちら横浜分院でございます。

先月末あたりから患者様の差し入れラッシュが続いております。

写真に撮りましたように採れたての里芋、大根、生の落花生、

サツマイモに柿、お芋の天婦羅…。

写真には撮れませんでしたが、手作りのポテトサラダ、おでん

茄子の煮浸し、唐揚げ、炊き込みご飯。

手作りではありませんがパンやお弁当、駄菓子まで。

yokohama12555.jpg

土地柄なのか皆さんに優しくしていただき

地域社会に根ざした歯科医院を目指す自分としては

大変ありがたい次第であります。

乾燥にご注意!

みなさんこんにちは。
グレースデンタルクリニック本院の宮崎です。

先週末にクリニックのある五本木商店街の街路樹のカリンが収穫されました。
カリンの実が無くなり、落ち葉が増えて来ると、いよいよ冬という
感じがします。
空気も冷たさが増し、乾燥を全身で感じますね。

冬になると風邪の予防に「うがい・手洗い」は当たり前になりまして、
近頃は予防の為のマスクも普通になってきました。

ですが、冬に注意しなければならないのは風邪やインフルエンザ
だけではないのです。
特にご高齢の方に多いのですが、入浴中に脳血管の病気が起こりやすく
なるのです。
これを防ぐには、お風呂に入る30分前にお水を飲む事。とても簡単ですね。

冬は無意識の内に水分摂取量が減ってしまいますので注意が必要なのです。
乾燥にご注意
カサカサの唇にリップクリームを塗ったりするように、身体の中も乾燥を防ぎましょう。

 | ホーム | 

プロフィール

グレースデンタル

Author:グレースデンタル
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR