FC2ブログ

グレースデンタルクリニック スタッフブログ

グレースデンタルクリニックのスタッフブログです。

イルカの口の中には虫歯菌はイルか?

皆さんこんにちは。
グレースデンタルクリニック城東分院の高橋です。

先日、連休を利用して横浜・八景島シーパラダイスに行ってまいりました。そこでは、水を使った様々なアトラクションや巨大迷路、水族館などがありました。
また、プロジェクションマッピングを応用したイルカショーもやっており、その緻密さとイルカの躍動感に思わず見入ってしまいました。

写真(H29年8月)


イルカの歯は産まれた時から永久歯で、歯が生え変わることがないそうです。また、イルカの歯は食べ物を咬むためではなく、獲物を捕らえて逃がさないためや、自分の身を守る役割をしているそうです。したがって、魚などはそのまま丸飲みするため、虫歯にはならないとのことです。

一方、私たちは主に食べ物を「咬む」ために歯を使用しています。良く咬んで食べることは、健康にとって様々なメリットがあります。食べ物を細かくして消化を助けたり、脳を刺激して認知症を予防するなど、挙げれば切りがありません。しかしながら、「咬む」ということは、食べ物を歯の間や溝の中に押し込んでいるともいえると思います。

虫歯の原因菌であるミュータンス菌は、歯に残った食べ物や甘いものに含まれる糖分を栄養分にして増殖します。その細菌が酸を作り、歯を溶かして「虫歯」を作ります。

つまり、虫歯を予防するためには、食後の歯みがきによって虫歯の原因となる細菌や栄養分になる糖を除去することが大切になります。また、その他の予防法として、間食の時間を決めたり、フッ素を使用して歯の質を向上させる方法などがあります。

歯の予防法について気になることやご質問がある方は、ぜひ当クリニックに来院頂き、スタッフにご相談ください。


スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://gracedcblog.blog.fc2.com/tb.php/160-a3369ba1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

グレースデンタル

Author:グレースデンタル
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR