FC2ブログ

グレースデンタルクリニック スタッフブログ

グレースデンタルクリニックのスタッフブログです。

こんにちは、千葉分院の小川です。
あっという間に桜も散り、新緑の季節へ向かうかと思いきや、なかなか肌寒かったり雨が多かったり、例年とは違うような気がしますが、皆様はどう感じていますでしょうか。

さて、当院では義歯の症例も数多く診させていただいています。
義歯も、お口の中の歯やさし歯、歯ぐきなどと同じように、ケアがとても大切です。
最近はドラッグストアも増え、義歯洗浄剤も簡単に手に入るようになりました。
ですが、より気にかけていただきたいのが、洗浄剤を使う前に、まずは水道の流水で義歯をよく洗う、ということです。

1・義歯をよく見る。
人口の歯も前歯や奥歯で形も様々ですし、ピンクの歯ぐきの部分も凸凹や表面のザラつきなど、一定ではありません。特に、歯と歯ぐきの境目や、部分入れ歯なら針金の箇所は、かなり複雑な構造です。

2・義歯用ブラシでよく洗う
このようなブラシがお店で販売されています。通常の歯ブラシを使うよりも、はるかに効率が高いです。
chiba.jpg


3・確認する。
義歯をあらゆる角度から見て、ブラシで落とせる汚れが残っていないか、ぬめりがないかを確認します。特に、小さい凹の部分が要注意です。
なくなるまで、1~3を繰り返します。

義歯はお口に入れて使う物なので、義歯のケアもお口の中のケアも、同列なのです。
このようなケアの上で、洗浄剤がより効果的となります。

意外と難しいとは思いますが、ぜひ頑張ってトライしてみましょう。



こんにちは、千葉分院の小川です。

今年の関東の冬は今のところ大雪もなく、このまま穏やかに春になってくれるといいですね。
我が家では暖房過多も峠を越え、次回の電気料金が春の訪れを告げてくれそうです。

さて、当院では訪問診療を盛んに行っております。
その中で感じることの一つは、やはりご高齢の方は、大なり小なり入れ歯、つまり義歯をお使いの方が多いということです。

誰しも、いつまでも生活の質をできる限り保ちたいですよね。
そこで考えてみると、義歯が必要となったり、身体が不自由になって生活が制限されるようになったとしても、味覚はそうは衰えません。
つまり、お年を重ねていくごとに、お口で噛んで美味しく食べられるということのかけがえのなさが、若い頃よりもクローズアップされてくるのです。

それを目指し、義歯の調整はこちら医療サイドが最善を尽くしてまいります。また実はそれと同じくらい、普段からの義歯を清潔に保つことがとても大切です。

義歯のお手入れ、洗浄は、なかなか患者様ご本人では難しいことも多いと思います。そこで、ご家族の方やお世話をされる方々の少しのご協力がいただければ、非常に有効なサポートとなります。

今後またその具体的な方法もお話していきたいと思います。それでは。

グレースデンタルクリニック千葉分院です。

千葉分院院長の合田久です。
診療所も今年の8月より、
運河歯科クリニックから新たにグレースデンタルクリニック千葉分院に変更になりました。
名前は変わりましたが、スタッフは変わらず、
外来・訪問でよりよい診療を目指しております。
最近感じたことを、いくつかご紹介いたします。
外来で来られております高齢の患者さまから、先日入れ歯が完成した際に、
「これで通院は終わりですね。さびしいです。」とのお言葉を頂きました。
また、訪問診療でお伺いしている患者さまには、
「いつも楽しみにしております」という言葉をかけて頂きました。
このような一言が、日々診療し携わる私たちの励ましの言葉となっております。
これからも、この言葉を忘れずに、初心に戻り、
患者さまの立場に立った診療を志してまいりたいと思います。

«  | ホーム | 

プロフィール

グレースデンタル

Author:グレースデンタル
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR